椿流、猫の爪とぎ防止シートの貼り方

前回お話しました、猫の爪とぎ防止シートの実際の貼り方をご紹介します(^^♪

あくまで素人の私のやり方ですが、素人なりのポイント説明ができるかと・・・

ポイントは

①シールタイプを購入

② シートのラッピングは一気に剥さない

③右利きの人は左から貼ります(左利きの人は右から)

④貼る時は真ん中から上下へ

⑤出隅と入隅をしっかりつける

以上です(^^)/一つ一つ説明しますね♪

用意するものは

ゴムベラとハサミだけです(笑)定規とかカッター・・・使用しません。カッター嫌いです。家でやるとなると下敷きが必要だし、下敷きないと床傷だらけになるので・・・

①シールタイプを購入

壁紙はのりタイプとシールタイプがあります。

クロス屋さんならともかく、素人はシールタイプがおすすめです(^^)/

ちなみに表面強化加工タイプか、裏がビニールタイプの物がおすすめです。(ガリガリやられても大丈夫な為)

② シートのラッピングは一気に剥さない

シートの大きさをはかり希望のサイズで折り、あとを付け、切ります。さぁ貼りましょう( `ー´)ノ・・・とその前に、シールのラッピングは絶対に一気に剥さない方が良いです!貼りにくくて仕方ないです。

剥していない方につけると静電気でくっついてくれます。

クルクルして貼りにくい場合は逆巻きするとクルクルしません(^^)/

③右利きの人は左から貼ります(左利きの人は右から)

右利きの人は左側からの方が貼りやすいです。ちなみにテープなどを貼る時も右利きの人は左から貼った方が貼りやすいですよ(^^♪

④貼る時は真ん中から上下へ

ラッピングを剥がしたら、ゴムベラで貼っていきます♪

が、真ん中の①の→の方向から押し付けます。①を中心に②の→方向へ次に③の→の方向へ貼っていくと綺麗に貼れます。

⑤出隅と入隅をしっかりつける

壁紙で一番の難関は出隅と入隅です。まずシールのラッピングを剥がす前に壁にあてて出隅・入隅の場所はあらかじめ折って折線をつけておきます。

出隅はしっかり押し付け貼り付けます。

模様が潰れるくらい押し付けます。

入隅も同じく強く押し付けます。

これもまた模様が潰れるくらい押し付けます。

一本の線に見えるくらいやってしまってください。

一枚ものでやった方が、大変ですが、はがれにくくきれいです(^^♪

おわりに

わたくし、昔は塗装屋の個人経営をしていました。その際防水工事も行っていましたが、シート防水と言ってシートを使った防水工事も行った経験もあり、貼り方はその時の応用と、塗装工事の際の養生作業の応用ですね。塗装工事の養生はいかに塗料が養生から漏れないかだったので、出隅・入隅は隙間がないように気を使っていました。爪とぎ防止シートも同じで、空気が入っているとはがれやすく、きれいに貼れません。とわいってもクロスは仕事で貼ったことはなく、素人です。シールタイプはうまくいかなかったら剥せのが良い所です。

小さいのも大きいのも売っているのでまずは小さいのから挑戦してみるのがよいかと思います(*’ω’*)是非一度挑戦してみてください♪